ミニのぼりやスタイリッシュのぼりの活用法はどんなふう?

ミニのぼりとスタイリッシュのぼりは、それぞれ用途が異なります。

店頭の客を誘導するのぼり、おしゃれ感を大事にしたいのぼりの、機能的な違いがあります。

▼ミニのぼりは店頭の客を円滑に誘導するサイン。

ミニのぼりとスタイリッシュのぼりは、それぞれ活用法が違います。

ミニのぼりは小規模・大規模のスーパーなどに適していて、店頭のスタイリッシュのぼりでセールタイトルなどに注目した客が店内に入ったとき、目当てとする商品群がどこにあるのかを、分かりやすく誘導するためのものです。

平置きの陳列台に置いて、“ここにそのセール商品がある”と誘導するものです。

▼おしゃれ感を大事にしたいならスタイリッシュのぼり。

話が前後しますが、ミニのぼりに対してスタイリッシュのぼりとは、通常、スーパーやコンビニなどで良く見かけるのぼりのサイズより、幅が細くなっており、細長でスタイリッシュなイメージを受けることから、そのように呼称されています。

間口が狭く、のぼりをセッティングする場所がない、あるいはアーケードなど人の行き来の多い場所で客の通行の邪魔になる場所では有効です。

▼スタイリッシュのぼりは、おしゃれ感を大事にしたいファッションやコスメ系の店頭演出に適しています。

スタイリッシュのぼりはスリムな形状なので、多くをアピールするよりおしゃれ感を大事にしたい店舗に向いています。

のぼり旗の下の部分がRに、曲線状にカットされたものもあります。

店の雰囲気やコンセプトにあわせて選択しましょう。

無理にセレクトする必要はありません。