7月
2014

不動産担保ローン必要な書類

不動産担保ローンでも、無担保ローンでもそうですが、ローンを申し込む際にはそれなりの書類というのが必要になります。

通常ローンを申し込む際には、申し込みのための用紙であるとか、免許証などの個人の証明書などに、所得を証明する書類などが必要になります。

では不動産担保ローンの場合には、どのような書類が必要になるのでしょうか。

無担保ローンなどと同じような書類だけで、かまわないのでしょうか?不動産担保ローンというのは、当然不動産を担保にします。

となると不動産に関する書類といったものも、どうしても必要になってくるのです。

では具体的に建物に関して、どのような書類が必要になるのかというと、たとえば物件の案内図であるとか、不動産登記簿謄本の登記事項証明書、さらには公図、測量図、建物の図面といったものが必要になる場合があります。

さらには金融機関によっては、すでに借入がある場合によってはローンの返済予定表であるとか借入金の残高証明書、っローンに関する償還予定表、さらにはもしも不動産担保ローンの申込人が海外の方であった場合などでは、外国人登録原票記載事項証明書といった書類を提出するように求められることがあります。

そしてこれらの書類がきちんとそろって、初めて審査に通過出来たり、審査を始めてもらうといったことが可能になるのです。

どのローンでもそうですが、書類というのは審査に通過するかどうかえあるとか、審査を左右する重要なポイントになるのです。

※参考までに…不動産価格の相場の基礎知識 | nanapi [ナナピ]