8月
2014

不動産担保ローンデメリット

不動産担保ローンというのは、いろいろなメリットというのもありますが、逆に意外と見落としがちなデメリットというのもあります。

例えば不動産担保ローンというのは、当然のことながら不動産を担保にしますが、その担保にする不動産というのは、その時々の不動産市場の動きによって査定額というのが変わってくるので、当然借入可能額というのも変わってきます。

また不動産の担保価値というのを算出するために、当然ですが鑑定に時間が必要になってきます。

そのため急ぎで融資を受けたいという方には、どうしても向いているとは言えません。

また担保に入れるということは、抵当権が付くということになるので、この抵当権が付いた後に不動産担保ローンを利用すると、支払い完了後には抵当権を外すという手続きも行わなければなりません。

また不動産担保ローンには、デメリットというのがあります。

それは途中で一括返済した場合には、返済計画に従って返済しなかったということで、違約金が発生する可能性もゼロではないのです。

そのため支払いは、どうししても長めになってしまいがちです。

さらに最大の不動産担保ローンのデメリットとして、支払いが万が一滞ってしまった場合には、当然不動産を担保に入れているのであるから、その担保にした不動産は所有権を失うということになってしまいかねないのです。

このように不動産担保ローンには、意外と見落としがちなデメリットというのもあるのです。