オリジナルデザインのぼりには、完全入稿データが必須?

オリジナルデザインのぼり旗店で、もしも完全入稿データを要求されたら、きっぱり発注を諦めましょう。

その理由をお話ししておきましょう。

▼大量印刷で安いのぼり旗が売りのショップ。

パソコンが普及し、のぼりだけに限らずオリジナルのデザインが誰でも簡単にできるようになった今日、印刷所が指定するフォーマットでデザインすることは、素人でもできるようになりました。

「完全入稿データ」とは、のぼり店が指定するデータフォーマットで入稿してくれということです。

のぼり店はデータを印刷用に作り替える手間がなくなるので、そのぶん、のぼり旗を安く提供できます。

▼激安店に多い「完全入稿データ」の要求。

このタイプのショップは、もともと印刷専門の激安店に多いです。

データ作成に手慣れている人なら可能ですが、不慣れな人が安いことだけを目当てに作成しようとしても、なかなかうまくはいきません。

それどころか、不備なデザインデータのままで印刷されてしまうので、店頭には飾れないのぼり旗となってしまいます。

価格よりも大事なのぼりの仕上りに重点をおきましょう。

▼完全入稿データが前提ののぼり店でなくても、フルサポートのショップはいくらでもあります。

切り替えましょう。

完全入稿データに対応できるのは、元来、データ作成に手慣れた人だけです。

普段それほどデータを作ったことのない人が無理をしてはいけません。

のぼり旗はフルサポートで作ってもらっても、もともとが低コストなので何万円もするものではありません。

価格の安さより仕上がりの確かさを選択しましょう。